ベトナム・ハノイを中心に、アジアの歴史を生かしたまちづくりについて研究しています。

出会った街の面白さや素敵なところを、絵と一緒に表現し、伝えられるように。

 

著書

1. 柏原沙織:Chapter 11-1. 日本の町並み保全の歴史, 都市の遺産とまちづくり アジア大都市の歴史保全(鈴木伸治編), 136-138, 春風社, 2017.8.

2. Kashihara, Saori: Chapter 9-1. The History of Townscape Conservation in Japan, in “The Frontiers of Urban Heritage Conservation in Asian Cities” (Suzuki, Nobuharu ed.), 135-139, Global Cooperation Institute for Sustainable Cities, Yokohama City University, 2017.3.

3. 楊惠亘・柏原沙織・鈴木伸治:第8章 保全型アーバンデザインから創造都市戦略へ 台北, 都市経営時代のアーバンデザイン(西村幸夫編著), 140-154, 学芸出版社, 2017.2.

 

学術論文

1. 柏原沙織:ハノイ旧市街Luong Van Can 通りの同業者集積の変遷と現状-社会経済組織に着目したアジア大都市の歴史地区保全に関する研究 その3-, 日本建築学会大会学術講演梗概集(東北)都市計画, pp.207-208, 2018.9.(査読なし)

2. Kashihara, Saori: Incorporating Dynamic Intangible Elements in Urban Heritage Conservation: The Development of Conservation Framework for Hanoi’s Ancient Quarter, Vietnam(英語), Proceedings of International Conference of Asian-Pacific Planning Societies 2018 CD-ROM, 2. Smart Governance, 57JA (全24頁), 2018.8. (アブストラクト審査有り)

3. 柏原沙織・藤岡麻理子・鈴木伸治・窪田亜矢・西村幸夫:ベトナム・ハノイ旧市街の町並み保全の仕組み・取組の変遷に関する研究- 動的な無形要素のとらえ方の発展に着目して-, 都市計画論文集, 52(3), 1218-1225, 2017.10.(査読有り)

4. 柏原沙織・藤岡麻理子・鈴木伸治・窪田亜矢・西村幸夫:ハノイ36通り地区ハンブオム通りにおける商業活動の変遷と現状-社会経済組織に着目したアジア大都市の歴史地区保全に関する研究 その2-, 日本建築学会大会学術講演梗概集(九州), 773-774, 2016.(査読なし)

5. 藤岡麻理子・柏原沙織・鈴木伸治・窪田亜矢・西村幸夫:ハノイ36通り地区ハンダオ通りにおける商業活動の変化と現状‐社会経済組織に着目したアジア大都市の歴史地区保全に関する研究 その1-, 日本建築学会大会学術講演梗概集(九州), 771-772, 2016.8.(査読なし)

6. Fujioka, Mariko and Kashihara, Saori: A Study on the Transition of Commercial Activities in Hanoi Ancient Quarter -Historic Urban Conservation in Asian Cities-, Paper presented at the 7th International Academic Consortium for Sustainable Cities (Universiti Sains Malaysia), September 2016.(査読有り)

7. 柏原沙織・楊惠亘・鈴木伸治・窪田亜矢: 台北市大稲埕における歴史保全ツールとしての容積移転の運用とプロセス-容積送出敷地の歴史的環境に与える影響に着目して-, 都市計画論文集 50(3), 480-487, 2015.11.(査読有り)

8. Kashihara, Saori, Yang, Hui-Hsuan, Suzuki, Nobuharu & Kubota, Aya: The Research on The Process of Historical Conservation in Dadaocheng, Taipei Focusing on the Actors’ Roles, The Proceedings of 6th International Academic Consortium for Sustainable Cities Symposium, 116-132, Yokohama City University, 2015.9.(査読なし)

9. Kashihara, Saori: The Development of Urban Conservation in Asian Large Cities Focusing on the Interaction between Legal Framework and Conservation Practices: Case Studies in Yokohama, Taipei, and Hanoi, 4th International Academic Consortium for Sustainable Cities Symposium, The University of the Philippines, 2013.9.(査読有り)

10. Sakano, Narutoshi, Fujimoto, Kotaro, Goda, Toshibumi, & Kashihara, Saori: Socio-economic Situation and Approach toward the Low-carbon and Low-pollution Transportation System in ASEAN Member States, 第43回土木計画学研究発表会, 2011.(査読有り)

11. 柏原沙織・北沢猛: 地方小都市のまちづくりにおける中間機能に関する研究-福島県田村市船引町の中心市街地をケーススタディとして-, 日本建築学会大会学術講演梗概集(東北)(オーガナイズドセッション), 193-196, 2009.8.(査読有り)

12. 前田英寿・北沢猛・丹羽由佳理・田中大朗・松尾真子・柏原沙織: 公民学連携型アーバンデザインセンターによる地方小都市のまちづくり-福5島県田村市田村地域デザインセンター(UDCT)-, 日本建築学会技術報告集, 第32号, 339-344, 2010.2.(査読有り)

13. 柏原沙織・矢原有理・北沢猛・上野武・前田英寿: 大学院演習と地域活動の連動による境界空間におけるまちづくりの展開-千葉県柏市柏の葉地域における「みちづくり」の事例-, 日本建築学会技術報告集, 第31号, 897-902, 2009.10.(査読有り)

14. 柏原沙織・矢原有理・石田拓己・北沢猛・上野武: 継続的なまちづくり組織形成初動期における多主体連携のための課題に関する考察:千葉県柏市柏の葉における「みちづくり」その2, 日本建築学会大会学術講演梗概集(中国), 1073-1074, 2008.(査読なし)

15. 矢原有理・柏原沙織・石田拓己・北沢猛・上野武: 境界空間における多主体連携促進に向けたワークショップの展開:千葉県柏市柏の葉における「みちづくり」その1, 日本建築学会大会学術講演梗概集(中国), 1071-1072, 2008.(査読なし)

 

学位論文

1. 柏原沙織:ハノイ旧市街の「職業の通り(phố nghề)」の変容メカニズムに関する研究, 東京大学工学系研究科都市工学専攻2017年度博士論文, 2018.3.

2. 柏原沙織, 地方小都市のまちづくりにおける中間機能に関する研究-福島県田村市船引町の中心市街地をケーススタディとして-, 2008年度東京大学大学院新領域創成科学研究科修士論文, 2009.3.

3. 柏原沙織:建物への愛着がメンテナンス行動に及ぼす影響及び愛着形成に関わる要因の検討, 2006年度同志社大学文学部心理学専攻卒業論文, 2007.3.

 

学会発表

1. Le, Quynh Chi & Kashihara, Saori: The Change of Hanoi Ancient Quarter in the Context of Globalization and Future Challenges, Historic Urban Landscape Conservation in the Context of Globalization & IT Development, Hanoi Ancient Quarter Cultural Exchange Centre, Hanoi, 2nd October, 2018. (口頭発表、共同)

2. Kashihara, Saori: Redefining Urban Heritage Value of the Trade Streets in Hanoi’s Ancient Quarter: An Attempt through Survey on Historical Transition of the Concentrated Trades, 1st East Asian Planning History and Cultural Heritage Protection (2018), National University of Civil Engineering, Hanoi, 1st October, 2018. (口頭発表、単独)

3. 柏原沙織:ハノイ旧市街Luong Van Can通りの同業者集積の変遷と現状-社会経済組織に着目したアジア大都市の歴史地区保全に関する研究 その3-、講演番号7075、2018年度日本建築学会[東北] (東北大学)、東北大学川内北キャンパス、2018年9月6日

4. Kashihara, Saori: Incorporating Dynamic Intangible Elements in Urban Heritage Conservation: The Development of Conservation Framework for Hanoi’s Ancient Quarter, Vietnam、 ホーチミン市建築大学、Asian-Pacific Planning Societies 2018国際会議、ホーチミン市建築大学、2018年8月24日(口頭)(アブストラクト審査有り〉

5. 柏原沙織・藤岡麻理子・鈴木伸治・窪田亜矢・西村幸夫:ベトナム・ハノイ旧市街の町並み保全の仕組み・取組の変遷に関する研究- 動的な無形要素のとらえ方の発展に着目して-、第52回都市計画学会学術研究論文発表会(北海道大学)、北海道大学札幌キャンパス、2017年11月12日(口頭)〈審査あり〉

6. 柏原沙織・藤岡麻理子・鈴木伸治・窪田亜矢・西村幸夫:ハノイ36通り地区ハンブオム通りにおける商業活動の変遷と現状-社会経済組織に着目したアジア大都市の歴史地区保全に関する研究 その2-、日本建築学会大会[九州] (福岡大学)、福岡大学七隈キャンパス、2016年8月26日(口頭)

7. 柏原沙織・楊惠亘・鈴木伸治・窪田亜矢:台北市大稲埕における歴史保全ツールとしての容積移転の運用とプロセス-容積送出敷地の歴史的環境に与える影響に着目して-、第50回都市計画学会学術研究論文発表会(宮崎大学)、フェニックス・シーガイア・リゾート、2015年11月7日(口頭)〈審査あり〉

8. Kashihara, Saori: The Research on The Process of Historical Conservation in Dadaocheng, Taipei Focusing on the Actors’ Roles」6th International Academic Consortium for Sustainable Cities Symposium(横浜市立大学)、横浜市開港記念館、2015年9月12日(口頭、単独)

9. Kashihara, Saori: The Development of Urban Conservation in Asian Large Cities Focusing on the Interaction between Legal Framework and Conservation Practices: Case Studies in Yokohama, Taipei, and Hanoi」4th International Academic Consortium for Sustainable Cities Symposium(The University of the Philippines)、Quezon City、2013年9月6~7日(ポスター)〈審査あり〉

10. 柏原沙織・北沢猛, 地方小都市のまちづくりにおける中間機能に関する研究-福島県田村市船引町の中心市街地をケーススタディとして-, 日本建築学会大会学術講演梗概集(東北)(オーガナイズドセッション), 193-196, 2009.(査読有り)

11. 柏原沙織・矢原有理・石田拓己・北沢猛・上野武:継続的なまちづくり組織形成初動期における多主体連携のための課題に関する考察:千葉県柏市柏の葉における「みちづくり」その2」、日本建築学会大会[中国](広島大学)、広島大学東広島キャンパス、2008年9月18~20日(口頭)